読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モダンタイムス

ジャンルを①食事②社会問題③書籍紹介④旅行に分けた、不定期更新ブログです。

辛いんじゃねー⤴@野猿二郎

食事

京王堀之内駅を最寄り駅とする野猿二郎。

量もさることながら、味も最高の名店です。

 

普通の二郎も最高なのですが、野猿二郎のリピーターになってしまうのはやはり「限定メニュー」の存在が大きいです。

12月2日から始まった『辛いんじゃねー⤴』

 

食券に100円と「辛いんじゃねー⤴」の一言を添えると提供されます。

「辛いやつ」と混同されてしまうといけないので、きちんと正式名称の「辛いんじゃねー⤴」と言いましょう。

食券にはKJと書かれますが、ほぼ100%で「辛いんじゃねー⤴」の略ですね...

f:id:akhrkun:20161206215543j:plain

限定メニューは、休日と平日の昼で提供されることが多いのですが、今回は平日の昼でも食べられるそうです!

 

さて、今回は平日の夜6:00にお伺いしました。

周りを見渡してみると「辛いんじゃねー⤴」を食べている方は1/15という感じでした!

 

今回は野菜・にんにくでコール。

f:id:akhrkun:20161206215036j:plain

スープの色は真っ赤です。

f:id:akhrkun:20161206215936j:plain

肝心のお味ですが、

とにかく辛い!でも美味い!

 

輪切り唐辛子が入っているので、辛さがダイレクトできます。

たださすがは自家製ラー油を使っているようで、うまさも同時にあります。

二郎由来のというわけではありませんが、どうやら使用しているラー油の油がかなり出ているらしく、(珍しく?)ヘルシーな油を堪能できます。

 

はじめは後からくる辛さなのですが、終盤になって、しっかりとスープにしみ込んだ麺と野菜を食べていくとすぐに辛さを感じるようになります。

このあたりが、「辛いやつ」と違うところでしょうか。

 

食べているうちに汗がふきだしますが、最後には麺や野菜が敵に見え、辛いスープに浸りきらない豚だけが味方に見えます。

まさに戦っているという形になるのですが、この辛さは暴力ではなく愛の鞭です。

 

今回もまさに躾けられたということで、次回また食べてしまいそうなハマり方をしてしまいました...

 

汗を拭く用のタオルとティッシュを持っていくことを推奨します!

[http://]